読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベトナム ホーチミン4 PHO24、日本では撤退したらしい。

f:id:timetraveller:20160917001958j:plain

 ホーチミンに滞在した際にとてもお世話になったのが、PHO24です。その名前のまま、ベトナム料理のフォーのお店で、24の意味は24時間スープを煮込むことからきているそうです。試したところ、何とも言えない、出汁の出ているくせになる味付けでした。過去に食したどのフォーよりもおいしかったです。主に牛肉を頼みましたが、一部赤みの残っている、半生の、肉汁が出ていて柔らかいお肉の味が大変おいしかったです。大体300円程度だったと記憶しています。お勧めです。

f:id:timetraveller:20160917001943j:plain

ただし、ひとつだけ問題があります。トッピングとして、パクチー等、もやしの一種のようなものが付くのですが、これらが完全に生なのです。これらをスープに入れるのですが、それほど熱くないスープに入れてもほとんど生のままです。結局そのまま食べることになります。先程説明したように味は大変おいしいので滞在中、毎日お昼はここという状態でした。果たして、その後日本でおなかがなんとなく緩い状態が1週間程度続いたのはこれが原因ではと考えています。これも症状は軽いので心配はいらないと思いますが。

 話は日本のPHO24に変わります。実はベトナムで大変おいしいという実感を得たので、日本でも食べてみたいと思い、もしかしたら日本にもPHO24がないか探したところ、おもしろいことがわかりました。過去にセブン&アイ・フードシステムズがまさにPHO24を日本に進出させたことがあるそうです。市ヶ谷、池袋、蒲田の3店舗ですが、なんと出店後1,2年で閉店してしまったようです。個人的な感想ですが、日本人の間ではまだベトナム料理の認知度がそれほど高くはなく、エスニック料理としては、タイ料理のように固定ファンがいる訳でもなく、全体感として特にフォーは洗練されているものには見えないため、人気が出ないのだと思います。3店舗では広告・宣伝の面でも弱かったかもしれません。ビジネスの世界でも、世界の工場といわれる中国に変わって、ベトナムが注目されていますがまだ時期尚早の感があります。ただしポテンシャルは高いので将来発展すると思います。日本との関係も良好のようなのでベトナム料理、特にフォーのファンが日本人の間でも急速に増える日がそのうち来るかもしれませんね。

 

 なお、弊社においてもベトナム関連商品を取り扱っております。ホーチミンの見本市で知り合った業者の方々に作っていただいたラタン、竹のカゴ、バスケットなどです。ご興味のある方は、下記サイトを訪問していただけましたら幸甚です。